Plugable USB 3.1 Type-C – DisplayPort 変換ケーブル

1-ends

製品情報

この Plugable USB 3.1 Type-C – DisplayPort 変換アダプタを使用すると、「DisplayPort 代替モード」 に対応した USB Type-C(USB-C)ポート付のシステムに、3840×2160@60Hz(4K/UHD)解像度までの DisplayPort モニタを接続できるようになります。該当するコンピュータは、Apple 12″ Retina MacBook 2015/2016 や Google Chromebook Pixel 2015、Lenovo P50/P70、Dell XPS 13/15、そして今後登場すると考えられる Alpine Ridge プラットフォーム以降の、新しい PC システムです。

「USB Type-C 代替モード」 に対応したアダプタやケーブルは、システム側がこのモードに対応している場合には、追加の外部モニタを非常に簡単にかつ低価格で接続するために非常によい方法と言えます。

また 「DisplayPort 代替モード」 は、USB 3.1 より使用可能となった特別な機能によってシステムの GPU に直接アクセスするため、これまでのように USB 外部グラフィックス・アダプタを使用する際のようにパフォーマンス上への影響を気にする必要がありません。このような 「代替モード」 アダプタを使用して接続した外部モニタはシステムのマザー・ボード付属のグラフィックス・ポートに直接接続したモニタと同じ様なパフォーマンスを提供でき、また機能します。

Apple MacBook に関する注意点: このアダプタ自身は 4K 解像度で 60Hz リフレッシュレートまでをサポートしていますが、実際に使用できる最大解像度については、使用するシステムおよびモニタの仕様に依存します。たとえば Apple 12″ Retina MacBook 2015/2016 は、4K 解像度でのリフレッシュレート 60Hz 出力には対応しておらず、リフレッシュレートが 30Hz に制限されます。これはその MacBook の制限です。

機能

  • この USB Type-C ケーブル 1 本で、システムの USB Type-C ポートから DisplayPort 対応のモニタに接続することができます。
  • Windows、Mac、および Linux システムで使用できます。
  • 最高解像度は 3840×2160@60Hz です。
  • 「USB Type-C コネクタによる DisplayPort 代替モード(DisplayPort Alternate Mode on USB Type-C Connector)」 VESA 規格に準拠しています。
  • この変換ケーブルは完全にプラグ&プレイです。これ専用のドライバを導入する必要はなく、USB ポートから給電されるため電源も必要としません。(ただしホスト・システム側で、代替モードに対応したグラフィックスおよび USB ホストコントローラ用のドライバが正しく稼働していることが必要です。)

互換性

「USB Type-C コネクタによる DisplayPort 代替モード」 に対応した Windows、Mac OS X、Chromebook コンピュータ、その他の一部のタブレットやスマートフォンなどで使用できます。今後販売される Inetl 社の Apline Ridge およびそれ以降のチップセットを採用したシステムでも使用可能です。これらの対応システムでは、外付けモニタ用の出力はホスト・システムの GPU およびそのドライバを直接使用するため、このケーブル用の追加ドライバを導入する必要はありません。
現時点で互換性を確認しているのは下記の表中のコンピュータ・システムです。「Yes」のものは稼働が確認されています。

現時点(2017年3月)で販売中の USB Type-C ポートを搭載したタブレットやスマートフォンの多くは、「代替モードによるビデオ出力」に対応していないことにご注意ください。

ASMedia 社製の USB 3.1 ホストコントローラも 「代替モードによるビデオ出力」 に対応していません。ご自身がお使いの USB Type-C ポート付システムが 「代替モードによるビデオ出力」 に対応しているかどうかがわからないときは、システムの製造元にご確認ください。

上記の対応表には掲載されていない USB Type-C または Thunderbolt 3 対応 PC システムでこのアダプタが稼働することを確認できた場合、または逆に稼働しないことを確認した場合は、ぜひ nihongo@plugable.com まで情報をお寄せください。お使いの製品に関するテスト結果を、リストに追加させていただきたいと思います。

よくある質問

Q: このケーブルを USB ハブを経由して使用することはできますか?
A: いいえ、できません。USB ハブに接続してしまうと、システムの GPU に直接アクセスすることができなくなり、代替モードが機能しなくなります。
将来的に、USB ハブが「代替モードをパススルーすることができるチップセット」を実装すれば、できるようになる可能性があります。

Q: 私の Chrombook Pixel にこのケーブルを差し込んでも、ビデオ出力ができないことがあります。これはどうしてですか? また、解決方法はありますか?
A: 現在、いくつかの USB Type-C 機器は、Pixel 接続時に正しく機能しないことがあります。実は Google 社が提供している DisplayPort や HDMI アダプタなどでも同じです。この原因は、Pixel が装備している 「(上下)切り替え用」 USB 3.1 チップの、ファームウェアの問題だと考えられています。(言い換えれば Pixel 本体側の問題です。)
したがって、現時点で採れる最良の方法は、USB Type-C コネクタを一度ひっくり返して、もう一度差し込んでみる、というものです。将来的に、Pixel 側のファームウェアの書き換えなどで解消する可能性があります。

Q:この変換ケーブルは DisplayPort MST(Multi-Stream Transport)デイジーチェーン接続に対応していますか?
A: このケーブル自体は MST 対応です。しかし、現在販売されている USB Type-C システムの場合、MST 機能が使用できるかどうかは、ホストシステム側に依存しています。例えば、いくつかの Dell 社製システムで MST 接続をしたい場合、デイジーチェーン接続で正しくモニタを接続するためには、ある一定の手順と構成をとらなければならないことがわかっています。詳細についてご興味がある場合は、Dell 社が提供しているこちらのフォーラム(英語)のスレッドをご参照ください。
また、Macbook や Macbook Pro は MST 対応ではありません。

Q: 私のシステムには、複数の USB Type-C/Thunderbolt 3 ポートがあります。「代替モード」に対応した複数のグラフィックス・アダプタやグラフィックス・ケーブルを使用して、複数の外付けモニタを接続することはできますか?
A: もしもお使いのシステムに複数の Thunderbolt 3 または「DP 代替モード」対応の USB Type-C ポートがある場合には、複数の当ケーブルを利用して複数のモニタを接続できることがあります。しかし、PC 側が、代替モードによる外部モニタ接続を 1 つに制限している場合がありますのでご注意ください。

Q: このケーブルでモニタを接続しても、何も表示されません。どうしてですか?
A: この変換ケーブルでモニタ表示ができない場合、いくつか確認していただく点があります。まず、当ケーブルの DisplayPort コネクタが、システムの「入力用」DisplayPort にしっかりと差し込まれていることを確認してください。一部のモニタでは、入力と出力用に別の DisplayPort がある場合があります。次に、モニタ内のメニューから、DisplayPort 入力に関して正しい設定がされていることを確認してください。一部のモニタでは、DisplayPort にケーブルがさしこまれても自動的にはそれを検知しないことがあります。

Q: この変換アダプタは、テレビやモニタへの音声転送に対応していますか?
A: しています。DisplayPort経由で、グラフィックスおよび音声データを転送することができます。ただし、モニタ側の音声を使用したい場合はモニタにフルサイズ DisplayPort 入力ポートと内蔵スピーカーがあることを、製品仕様などでご確認ください。また、Windows の音声設定から、再生用デバイスを手動で設定する必要がある場合があります。

パッケージの中身

Plugable USB 3.1 Type-C – DisplayPort 変換ケーブル(全長 1.8m)x 1

モデル: USBC-DP

ご購入方法
アマゾン・ジャパンよりご購入いただけます。   Plugable USB 3.1 Type-C – DisplayPort 変換ケーブル