Plugable DisplayPort / Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタ

機能

  • このアクティブ変換アダプタを使えば、ラップトップやデスクトップ PC の DisplayPort 出力を、HDMI 入力のあるモニタや高解像度テレビ、プロジェクタに接続できるようになります。
  • 対応する解像度は最大で 4K UHD 3840 x 2160 リフレッシュレート 30 Hz まで、2560 x 1600 および 2560 x 1440 QHD で 60 Hz までです。
  • 最大の互換性と品質を保証するために、VESA(DisplayPort)認証を受けています。
  • VESA 規格 のデュアル・モード DisplayPort 1.1、HBR(高ビットレート)1.2 および HDMI 1.4 規格に準拠しています。
  • Plugable USB 3.0 DisplayPort 4K 2160p UHD 超高画質グラフィック・アダプタ」と互換性があります。
  • AMD 社のEyefinity 技術と互換性があり、併用することにより 3 台以上のモニタを接続できます。(下記の「よくある質問」欄をお読みください。)
  • 8 チャンネル LPCM/MBR のサンプルレート最大 192kHz までの音声をサポートします。
  • HDCP や DPCP のコンテンツ保護機能に対応しています
  • 特別なドライバの導入や、外部電源は必要ありません。
  • 当アダプタ経由の場合、Mac システムでは音声は HDMI モニタに転送されません。
  • DTS-HDおよびTrue HD オーディオには対応していません。
  • Mac システムでの使用については制限があります。下記の互換性欄をご参照ください。

 

フルサイズ DisplayPort – HDMI 変換用、4K および 2K 解像度と音声出力対応

Mini DisplayPort – HDMI変換用、4K および 2K 解像度と音声出力対応

製品情報

Plugable DisplayPort または Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタを使うと、ラップトップやデスクトップ PC の DisplayPort 出力を、ほとんどどんな HDMI モニタやテレビにでも接続することができるようになります。近年マイクロソフトやインテル、アップル社などのコンピュータ関連メーカーは、製品に DisplayPort や Thunderbolt 出力を実装するようになってきました。この Plugable 社製アクティブ変換ケーブルによって、低価格で品質上の制約が多い「パッシブ」変換アダプタで生じるような互換性の問題を最小限にし、既存の HDMI モニタをそれらの新製品に接続することができます。

Plugable 社の DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタの内部的なピクセル・クロックは 300 MHz まで対応しているため、グラフィック・カードやモニタ側が互換であれさえすれば、最大 4K 3840×2160@30 解像度までをサポートできます。(現在売られている多くの低価格な「レベル変換器」または「タイプ 1 アダプタ」とも呼ばれる「パッシブ」アダプタでは、最大解像度は1920×1200 です。)
8 チャンネル LPCM/MBR のサンプルレート最大 192 kHz までの音声をサポートします。

両アダプタとも VESA 認証に必要な大規模なテスト要件に合格しており、VESA 規格の DisplayPort 1.1、HBR(高ビットレート)1.2 および HDMI 1.4 規格に準拠しています。また、両者とも AMD 社の Eyefinity 技術 および Thunderbolt と互換性があります。ただし Mac および Thunderbolt との互換性に関しては重要な注意点がありますので、「互換性」欄をご参照ください。

互換性

これらの Plugable DisplayPort または Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタは、オペレーティングシステムにかかわらず、DisplayPort が実装されているシステムと HDMI モニタのどんな組み合わせであっても仮想的に機能するはずです。ただし、システム側でグラフィックス・ドライバが正常に稼働していることが条件となります。

設定可能な解像度の種類については、システムとそのグラフィックス・アダプタ、そして接続するモニタ側の仕様や性能によって決定されます。たとえば、もしシステムのグラフィックス・アダプタが、外部接続モニタに対し最大 1080p までの解像度しかサポートしていない場合には、接続したモニタがどのような性能であったとしても、この Plugable 社製アクティブ変換アダプタによってその制限を超えることはできません。

アップル社製品に関する注意:アップル社製品にこの製品を使用することはお勧めいたしておりません。アップル社製品はのVESA標準規格とは異なる実装がされているケースが多く、このアダプタを同じモデルの違う製品で使用すると、異なる結果となることが報告されています。また、Mac OS X バージョン 10.9 以降、アップル社は非常に多くの既存 Mac システムの 4K ビデオ出力を(たとえそれらが以前の Mac OS X バージョンでは 4K 出力ができていたとしても)無効にしました。アップル社により「正式に」4K 解像度をサポートしている Mac システムでのみ、この変換アダプタを使用することができる可能性があります。しかしその場合でも多くの場合、出力は1080p に制限されます。また当アダプタ経由の場合、Mac システムでは音声は HDMI モニタに転送されません。

よくある質問

Multimedia background. 4k resolution concept
Q: アクティブ・アダプタとパッシブ・アダプタは何が違うのですか?
A: DisplayPort は非常に変わった規格といえます。この規格には「デュアル・モード」や「DisplayPort++」、または「DP++」として知られる、他の信号タイプを DisplayPort コネクタを通じて通過させる機能を持っています。この通過する信号には、HDMI や DVI 規格のモニタに必要な「TDMS信号」が含まれています。「パッシブ・アダプタ」は、これらの信号全体を「デュアル・モード」DisplayPort 機能と電圧ブーストを使って転送します。(電圧ブーストが必要なのは、DisplayPort の通常電圧が 3.3 V なのに対して HDMI は5 V であるためです。)「TDMS 信号」がデュアル・モードで出力される場合、ほとんどの DisplayPort 出力や、現在売られている低価格のパッシブ・アダプタでは、内部クロック・レートが 165 Mhz に制限されています。このクロック・レートの制限により限られた帯域幅を維持するため、最大解像度は 1980 x 1200 となり、最大色数も減少することになります。

中価格程度で売られている DisplayPort – HDMI 変換アダプタ(「アクティブ」または「パッシブ」アダプタと記載されていて非常に紛らわしいことが多いのですが)の場合、最大 300 Mhz の内部クロック・レートではありますが、HDMI および DVI モニタ側が必要とする「TDMS信号」を送信するためには、結局デュアル・モード機能に依存しています。

これに対し、Plugable 社の DisplayPort / Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタは、真にアクティブなアダプタといえます。「TDMS信号」を DisplayPort のデュアル・モードを経由して転送するのではなく、DisplayPort の「LVDS信号」出力を、モニタ側で必要な「TDMS信号」に実際に変換するからです。加えて最大300 Mhz 内部クロック・レートであるため、この変換アダプタは HDMI 1.4 準拠であるために必要なすべての機能(最大解像度が 4K、高ステレオスコープ 3D および高い色数)をサポートしています。

Q: 製品情報欄に「当アダプタ経由の場合、Mac システムでは音声は HDMI モニタに転送されません。」とありますが、それはなぜですが?
A: アップル社の製品は、DisplayPort および Thunderbolt 経由での音声転送に特殊な方法を使用しています。このアップル社特有の転送方法を実装してしまうと、この変換アダプタが VESA(DisplayPort)認証を受けられなくなってしまうからです。

Q: Plugable DisplayPort / Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタと AMD Eyefinity を使用した構成で、2 台以上のモニタを接続できますか?
A:技術仕様としては対応しています。AMD Eyefinity 技術は、DisplayPort経由で最大 6 台まで、そのうち最大 2 台まで「既存」モニタを(HDMI、DVI または VGA 経由で)接続できるようにしてくれます。しかし、「既存」モニタを 2 台接続している場合の3 台目のモニタは、変換アダプタ等を使わない本来の DisplayPort 経由の接続でなければなりません。なぜなら、変換アダプタ等を使用し DisplayPort デュアル・モードによって単純転送された HDMI 信号は、「(HDMI、DVI または VGA 経由の)既存の 2 台」のうちに数えられてしまう(「既存」モニタは3 台以上の接続に対応していない)ためです。

しかし Plugable 社のアクティブ変換アダプタを使用する場合には、AMD Eyefinity グラフィックス・カードは DisplayPort モニタとして接続されるため、「既存の 2 台」には数えられなくなり、3 台以上接続できるようになります。(注意点:AMD 社によれば、AMD 社のグラフィック・カードは最大 2 つまでのアクティブ変換アダプタをサポートします。)
ただし、お使いのEyefinityグラフィックス・カードによっては、3 台目のモニタを表示する際にEyefinity構成上の追加設定が必要であったり、相性の問題で表示ができないケースがあります。

Q: Plugable DisplayPort / Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタは、将来的に HDMI 2.0 対応の 4K モニタにリフレッシュ・レート 60 Hz で使用できますか?
いいえ。このアダプタは HDMI 1.4 に準拠しており、4K 解像度におけるリフレッシュ・レートの最大は 30Hz です。現時点では、HDMI 2.0 対応で 4K@60 Hz をサポートしているアクティブ変換アダプタはありません。

同梱されるもの

Plugable DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタ、 または Plugable Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタ(いずれも全長約 20 センチ)


ご購入方法

アマゾン・ジャパンよりご購入いただけます。
Plugable DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタ
Plugable Mini DisplayPort – HDMI アクティブ変換アダプタ