Plugable USB 3.0 切替器

機能

  • 最大の互換性をご提供するシンプルなパッシブ USB 3.0 切替器です。スリムなサイズで場所をとりません。
  • プラグ&プレイで簡単に接続することができます。この切替器用の特別なドライバは必要ありません。
  • USB 3.0、2.0 または 1.1 いずれかの、共有される機器を接続するための USB タイプ A ポートが 1 つついています。
  • 2 台のコンピュータに接続するための、USB タイプ B ポートが 2 つついています。接続用の約 1 m の USB ケーブルも 2 本同梱されています。
  • 切替器上のボタンを 1 つ押すだけで、接続された USB 機器を 2 台のコンピュータ間で、ホット・スワップで切り替えることができます。
  • 2 つの LED ライトがついており、どちらのコンピュータが今接続中なのかがわかるようになっています。
  • ほとんどの USB 機器でパフォーマンス上および接続性の問題はありませんが、ハードディスク等大容量記憶装置の切り替えにご使用することはお勧めいたしません。
  • タイプ A ポートに USB 3.0 ハブを接続すれば、この切替器で複数の USB 機器を切り替えることができます。
  • USB バスパワーで駆動するため、電源アダプタは必要ありません。

製品説明

1 つボタンを押すだけで、2 台のコンピュータ間で複数 USB 3.0 機器を簡単に切り替えて使用できれば便利だと思いませんか? 当 Plugable USB 3.0 切替器はそのような場合に理想的な解決策となります。複数の USB 3.0 機器を切り替えたい場合には、USB 3.0 ハブを接続してご使用ください。USB 機器は、同時にはどちらか 1 台のコンピュータからのみ使用可能です。 Windows、Mac OS X、Linux のような USB ポートがついているコンピュータであれば、特別なドライバを導入することなく、すぐに使用できます。

同梱されるもの

  1. USB 3.0 切替器 – USB 3.0 タイプ B メスポート X 2、USB 3.0 タイプ A メスポート x 1 付き
  2. フルサイズ USB 3.0 タイプ A オス- タイプ B オス標準ケーブル x 2

2-product items

よくある質問

Q: アマゾンの製品紹介や製品のパッケージに、ハードディスク、フラッシュ・ドライブなどの大容量記憶装置はこの製品で使用しないよう勧めていますが、それはなぜですか? また、これらの記憶装置を使用できるようにする方法は何かありますか?
A: スイッチ上のボタンが押されると、内部的にはシステムの USB ポートからそのストレージ機器を物理的に抜いて、もう一方のシステムに差しなおすのと同じことが行われます。したがって、その際にデータが消失したり壊れたりすることを最小限にするために、通常大容量ストレージで必要とされる「取り出し手順」を実施することが必要です。

この「使用しないことをお勧めする」理由については、もう少々ご説明した方がよいでしょう。どのような記憶装置上でも、データにアクセスするためにはそのファイル・システムがオペレーティング・システムによって「マウント」されていなければなりません。ファイル・システムがマウントされることによって、たとえば Windows システムの場合、そのデータ域にドライブ文字が割り当てられてユーザが認識できるようになります。もしもその記憶装置が、正しい「アンマウントまたは取り出し」手順を経ずにシステムから切り離されたり、突然電源が切られたりすると、データが損傷することがあり得ます。このデータ損傷の可能性があるため、たとえば Windows システムは電源遮断やクラッシュの後に再起動した際、非常に長い時間をかけて「ディスクの検証」のようなデータ確認作業を行いますし、以前に正しく取り出されなかったフラッシュ・ドライブがまた差しこまれた場合に、「ドライブのエラーをチェックしています」というようなメッセージを表示したりするのです。

上記が、私たちが通常は記憶装置を USB 切替器と一緒に使用しないようお勧めする理由です。もし記憶装置を一方のシステムが使用している際にスイッチが押されると、取り出し手順を経ずに突然切り離したのと同じような、データ損傷の危険が生じてしまいます。

しかしながら、もしそれでも記憶装置を切り替えたい場合には、下記の 2 つの手順のいずれかによって、データ損傷の危険を最小限に抑えることができるでしょう。

手順 1:

OS 上で正しく「取り出し」てから、その記憶装置を切り替えるようにする。これは、システムから外部記憶装置を切り離す場合には通常推奨されている手順です。使用している OS によって、方法が異なります。

  • Windows: タスクバー上の通知領域にある「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをクリックし、その後デバイスの一覧で取り外したいデバイスをクリックしてから該当機器を取り外す。
  • Mac: Finder を開きます。デバイス カテゴリーの左側にある、該当デバイスの隣の「取り出し」アイコンをクリックします。
  • Linux: お使いのグラフィック環境から「取り出し」作業をしてアンマウントするか、コマンド「umount」を使用します。

手順 2:(Windows のみ)

OS 上で、該当の記憶装置に「クイック削除」設定をする。Windows 7 とそれ以降では、外付け記憶装置と認識された機器上では規定値としてこれが設定されていることがほとんどですが、確認しておくとよいでしょう。しかし、この設定はデータの損傷をある程度は回避できるものの、上記の手順 1 と同等の信頼性はないことにご注意ください。

Q: この切替器に付属の 1 m の USB ケーブルよりも長い、別の USB 3.0 ケーブルを使うことはできますか?
A: USB 3.0 が提供する「Super Speed」転送はデータの減衰や干渉に非常に敏感なため、ケーブルが長ければ長いほど問題が起こりやすくなります。長いケーブルではなく、当切替器に付属するケーブルをご利用になることをお勧めします。

Q: 切替器の上についている LED ランプは何を示しているのですか?
A: LED ランプは、どちらの PC 側のポートが稼働中かを示します。

Q: どのようにしてポートを切り替えればいいのですか?
A: ポートの上にあるボタンを押せば、活動中のポートが切り替わります。

Q: PC 間で切り替えを行った際に、USB ハブに接続されている機器のうちのいくつかがシステムに認識されないということがありました。これを解消するよい方法がありますか?
A: もしもこのハブや切替器の接続に USB 延長ケーブルが使われている場合には、そのような延長ケーブルを使わない構成に変更してみてください。問題が解決する場合があります。

ご購入方法

アマゾン・ジャパンよりご購入できます。Plugable USB 3.0 切替器