DisplayLink and some other USB and wireless displays no longer work on macOS 10.13.4 Learn More.

Windows 10:Plugable 社製 USB イーサネット・アダプタ用のドライバ導入について

原文(2015年7月29日投稿):Installing Plugable USB Ethernet Drivers in Windows 10 by David Roberts
————————————————–
2015年10月4日更新: USB2-E1000 イーサネット・アダプタ用 Windows 10 対応ドライバがリリースされました。しかしこのドライバが製品の CD-ROM に含まれようになるるまで少々時間がかかりますので、必要な方はインストール・パッケージを下記のリンクからダウンロードし、ファイルを実行して導入していただきますようお願いいたします。
Windows 10/8/8.1, 7 drivers for USB2-E1000
————————————————–

正式版の Windows 10 で Plugable 社のイーサネット・アダプタ製品群をテストしてみたところ、必要なドライバがシステム上に正しく存在している限り、問題なく稼働することがわかりました。ただし、Plugable USB 2.0 ギガビット・イーサネット・アダプタ(USB2-E1000)に関しては、ドライバの導入に多少の問題が生じる可能性があります。(訳注:USB2-E1000 は日本では販売されておりません。)このブログ内で詳細についてお知らせします。

イーサネット・アダプタのドライバは、使用しているチップセットに依存します。「Plugable USB 2.0 10/100 高速イーサネット・アダプタ(USB2-E100)」および「Plugable USB 2.0 OTG Micro-B 10/100 高速イーサネット・アダプタ(USB2-OTGE100)」が使用している ASIX AX88772 チップセットと、「Plugable USB 3.0 10/100/1000 ギガビット対応イーサネット・アダプタ(USB3-E1000)」、「Plugable USB Type-C 10/100/1000 ギガビット対応イーサネット・アダプタ(USBC-E1000)」および「Plugable USB 3.0 3 ポート バスパワーUSBハブ付きギガビット対応イーサネット・アダプタ(USB3-HUB3ME)」が使用している ASIX AX88719 チップセット用のデバイス・ドライバは、Windows 10 に標準で含まれています。したがって、これらのイーサネット・アダプタを Windows 10 システムの USB ポートに差し込めば、インターネット接続がなかった場合でもドライバがセットアップされて、すぐに使用できるようになります。
(訳注)以下は日本未発売の製品ついての情報ですが、参考のために記載いたします。

「Plugable USB 2.0 ギガビット・イーサネット・アダプタ(USB2-E1000)」が使用している ASIX AX88178 チップセット用のドライバは Windows 10 に含まれていません。そして現時点でダウンロードできるこのチップセット用のドライバは、導入ができないという問題点があることがわかりました。このような問題が発生している時には、デバイス・マネージャ内に表示される「AX88178」にコード 28 エラー「このデバイス用のドライバが導入されていません。」というエラーが表示されます。

この問題点を回避するためには、いくつかの方法が考えられます。

シナリオ 1. Windows 7 または Windows 8.x で導入する:

        もしも当 USB2-E1000 イーサネット・アダプタを Windows 7 or 8.x で既にお使いで、OS を直接 Windows 10 にアップグレードされる場合には、現在導入されているデバイス・ドライバがそのまま引き継がれ使用できるために、追加の作業は必要ありません。しかしもしもドライバを導入したことがない(Windows 10 で初めて当イーサネット・アダプタを使用する予定の)場合は、OS のアップグレードの

前に

        当アダプタ用のドライバを導入してください。ドライバ導入のもっとも簡単な方法は、ネットワーク接続がある状態でこのアダプタを USB ポートに差しこむことです。Windows Update が自動的に必要ドライバをダウンロードし、導入してくれます。代替として、

こちら

      のウェブサイトからドライバをダウンロードするか、製品付属のドライバ CD から導入することもできます。

シナリオ 2. Windows 10 を新規導入する、または当 USB2-E1000 アダプタを新しい Windows 10 コンピュータで使用する:

      このシナリオでは Windows 7 または 8.x からドライバが引き継がれないため、ドライバの新規導入が必要となります。しかしながら、現時点で ASIX 社が提供するドライバのインストーラは、Windows 10 に正しくドライバを導入することができません。したがってドライバを新規に導入するためには、Windows Update を使用しなくてはなりません。有線または無線のインターネット接続がある状態で、USB2-E1000 をシステムに差しこんでください。もしもインターネット接続が使えない場合は、Windows 10 へのアップグレードをしばらく遅らせて、ASIX 社からインストーラの修正が提供されるのを待つようお勧めいたします。

Windows 10 上で Plugable 社製イーサネット・アダプタに使用上の問題が起きた場合には、どうぞお気軽に弊社サポート(nihongo@plugable.com)までご連絡ください。その際には現象の詳しいご説明だけでなく、弊社がご提供するデバッグ用データ収集ツールをご利用になり、そのログを一緒にご提供していただくようにお願いいたします。問題の解決のために、できる限りお手伝いをさせていただきます。

Plugable Technologies
ディビッド・ロバーツ