Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ – 2TB

 

この「Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ – 2TB」は、Thunderbolt 3 プロトコル以前では到達できなかったパフォーマンスを提供します。この外部ドライブをコンピュータの Thunderbolt 3 ポートに接続すると、理論上最高で読み取り 2400 MB/秒、書き込み 1800 MB/秒までの超高速な 2 TB 記憶域を使用できるようになります。バスパワーで駆動するため追加電源は必要ありません。超高速な外部記憶域へのアクセスが必要なコンテンツ作成者や、最高速のポータブル・ストリーム・ライブラリへのアクセスがしたいゲーム・プレイヤー、高速な代替 OS ブート記憶域が必要なシステム構成などにとって非常に有用です。

Intel 社の Thunderbolt 3 技術は、最大 40 Gbps の驚異的な転送速度を提供できるため、新しいストレージ技術を活用するためには完璧な接続方法と言えます。従来からの外部記憶域技術では SATA III インターフェースの技術制限によって転送速度が限定されていました。一方、NVMe 技術では SSD(ソリッド・ステートメディア)がシステムの PCIe バスを介して CPU に直接アクセスできるため、遅延が減少し CPU 使用率が低減し、処理パフォーマンスが大幅に向上します。「Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ」は、外部記憶域でありながらコンピュータ内蔵の記憶域と同等(あるいはより高速)の速度でアクセスでき、従来の SATA III SSD ドライブを USB 3.1 Gen 2(最大 10Gbps)経由で接続した場合に比べると、約 5 倍程度高速なパフォーマンスを体感できます。

 

技術仕様

  • 持ち運びに適した堅牢なアルミニウム筐体
  • Thunderbolt 3、40 Gbps 転送速度対応ケーブル付き(約 18 cm)
  • PCIe Gen3 4倍速* リンク 2TB NVMe SSD ドライブ
  • 順次転送速度の読み取りで 2400+ MB/秒、書き込みで 1800+ MB/秒**、***
  • 3 年保証または、1,900 TBW (Terabytes Written)までの耐久性
  • TLC NAND フラッシュ使用

注*)フォーマット後の SSD 容量および実際の転送速度は、システム性能や使用環境によって異なります。たとえば Thunderbolt 3 ポートによっては PCIe x4(4 レーン)対応ではなく、PCIe x2(2 レーン)対応のことがあります。当 SSD を 2 レーンのThunderbolt 3 ポートで使用すると、読み取りで 1400 MB/秒程度、書き込みで 1200 MB/秒程度までのアクセススピードになることがあります。

注**)Linux システムでは、1200 MB/秒程度のパフォーマンスにしかならないことがあります。

注***)Windows 10 (バージョン 1809 以上) では、最大書き込み速度でアクセスするためにはデバイスマネージャ内で「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」チェックボックスをオンにする必要があります。

 

パッケージの内容

  • Thunderbolt™ 3 2TB NVMe SSD x 1(Thunderbolt 3 40Gbps 対応ケーブル付属)
  • クイック・スタート・ガイド x 1

 

ハードウェア要件

Thunderbolt 3 対応の PC システムでのみ使用できます。USB Type-C ポートがついていたとしても Thunderbolt 3 対応でない、あるいは USB Type-A ポート(USB 2.0/3.0)しか搭載していないシステムでは使用できません。

 

対応 OS

  • macOS Sierra 10.12 以降
  • Windows 10、8.1(Windows 7 システムでの使用はお勧めいたしません。)
  • Thunderbolt 3 対応の Linux システムでは使用できる時とできない時があります。
  • Mac システム上ブートキャンプ環境は、Windows 10(バージョン 1809 以上かつ 2019 October Update 適用以降)で使用できます。詳細はお問い合わせください。

 

互換性のあるシステム

  • Thunderbolt 3 対応の Mac システム(Late 2016~2019 MacBook Pro、2018-2019 MacBook Air, 2017-2019 iMac / iMac Pro、2018 Mac Mini)
  • ほとんどの Thunderbolt 3 対応の Windows システム
  • Thunderbolt 3 対応の、いくつかの Linux システム。詳細はお問い合わせください。

 

使用手順

SSD ドライブを、システムに搭載、あるいはドッキングステーションに搭載されている Thunderbolt 3 ポートに接続します。Mac システムの場合は、ドライブは自動的にマウントされるためすぐに使用できます。
Windows システムでは、初めて接続した Thunderbolt 3 機器を「認証」する必要があります(最初に一度だけ行います)。この手順の詳細は、下記ページ内の情報を参照してください。

Thunderbolt 3 サポートと問題判別について 「新規デバイスを接続する際の認証について」欄

 

よくある質問

Q:ドライブを使用する前にフォーマットする必要がありますか?
A: この製品は事前に macOS と Windows 両方で認識可能な exFAT によりフォーマットされています。したがって通常は、初期化やフォーマットをしなくても認識されます。もし購入後ドライブを OS 用ファイルシステム以外でフォーマットした場合は、再フォーマットや手動マウントが必要になることがあります。

Q: Windows システムを使用しています。Thunderbolt 3 機器を使用するにあたって注意点はありますか?
A: Windows システムでは、Thunderbolt 3 および BIOS の最新ファームウェアを適用していることが非常に重要です。古い Thunderbolt 3 ファームウェア・レベルのままでは、どのような Thunderbolt 3 周辺機器も使用できない可能性があります。最新の Thunderbolt 3 および BIOS ファームウェアを PC 製造元に確認して入手し、適用してください。
(Thunderbolt 3 対応の Mac システムでは、macOS 更新時に自動的に最新状態となります。macOS システム更新を常に適用するようにしてください。)

Q: この SSD ドライブと非互換だとわかっているシステムはありますか?
A: 2019 年 11 月時点で非互換だとわかっているのは、Dell Latitude 7275 です。

Q: ディスク容量が macOS システムでは 2 TB と表示されるのに、Windows システムでは 1862 GB と表示されるのはなぜですか?
A: Mac と Windows システムでは外部記憶装置サイズを異なる方法で表示します。Mac の場合、データ容量は十進法です。つまり 1 GB = 1,000,000 バイト(2TB = 2000 GB)です。Windows では、データ容量は二進法で、1 GB = 1,073,741,824 バイト(したがって 2 TB = 1862 GB)です。両者は同じデータ容量ですが、表示単位が異なっていると考えてください。

Q: この SSD ドライブはブートキャンプ環境でも使用できますか?
A: Windows 10(バージョン 1809 以上かつ 2019 October Update 適用) で使用できます。詳細はお問い合わせください。

Q: この SSD ドライブは、読み書きのどちらであっても最高速度が出るのですか?
A: データの実測値は非常に多くの要因に影響を受けます。この Thunderbolt 3 NVMe 対応 SSD ドライブは、理論上順次転送時に読み取りで 2400+ MB/秒、書き込みでは 1800+ MB/秒の速度がでるとされています。しかし、実測値は使用しているシステムの性能、OS、同時に実行されるアプリケーションの種類や数など、多くの環境変数により異なります。

Q: Thunderbolt 3 ポートによっては PCIe x2(2 レーン)対応だったり PCIe x4(4 レーン)対応だったりします。この SSD ドライブのパフォーマンスは、このホストシステム側の PCIe 使用によって変わりますか?
A: これは、システム仕様やデータ量などによって異なるため一概には言えませんが、転送速度の最高値が、PCIe x2 により実装されたポートに接続した場合には制限されることがあります。Plugable 社でのある PCIe x2 システムによるテストでは、最大値が読み取りで 1400 MB/秒、書き込みで 1200 MB/秒となりました。

Q: 自分のシステムの Thunderbolt 3 ポートが PCIe x2 なのか x4 なのかはどうしたらわかるのですか?
A: 通常、システム製造元が用意するオンラインの技術仕様に、そのような情報が明記されています。また、例えば Dell 社の PC の場合、多くの主要モデルに関する情報がこちらの「Thunderbolt 3: 40 Gbpsのデータ転送レート」ページにまとめられています。お使いの PC の製造元のウェブサイトに同様の情報が掲載されていないかご確認ください。

Q: この SSD ドライブのベンチマーク・テスト結果はありますか?
A: はい、下記は 2019 MacBook Pro 15″(PCIe x4 実装モデル)でのベンチマーク結果です。

 

問題判別

問題:このドライブをシステムに接続したのですが、OS に認識されずディスク内のデータを表示できません。
この TBT3-NVME2TB SSD ドライブは、Thunderbolt 3 対応の USB Type-C ポートに接続される必要があります。システムに複数の USB Type-C ポートがある場合、そのうちの一部だけが Thunderbolt 3 対応のことがありますので、使用しているポートが Thunderbolt 3 プロトコル対応であることを確認してください。

問題:Windows 10(バージョン 1809 以上)のシステムを使っています。読み取り速度に問題はないのですが、書き込み速度が技術仕様に書かれているよりかなり遅くなります。
Windows 10(バージョン 1809 以上)では、リムーバル記憶域を「安全に」取り外すよりも「迅速に」取り外すことができるよう、記憶域の削除ポリシーが「高パフォーマンス」から「クイック削除」に変更されました。これに伴い、「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」設定値も「無効」になっています。書き込み速度をあげるために、デバイスマネージャー内で設定を「高パフォーマンス」で「キャッシュを有効」に変更してください。手順については下記を参照してください。
Windows 10 バージョン 1809 およびこれ以降のバージョン: 外部ストレージ メディアの既定の削除ポリシーの変更

問題:Mac システムで、この SSD ドライブを APFS 形式でフォーマットすることができません。
Apple フォーラム内に解決策(英語)があります。
Q. Disk Utility does not show APFS format(ディスクユーティリティで APFS フォーマットが表示されない)

  1. ディスクユーティリティを起動し、左上の「表示」オプションを「すべてのデバイスを表示」に変更します。
  2. サイドバー内の「PCIe SSD メディア」を選択し、その中の「TBT3_SSD」を選択します。
  3. 「消去」ボタンをクリックします。
  4. 「消去しますか?」画面が表示されます。「方式」を「GUID パーティションマップ」に変更すると、「フォーマット」フィールドの選択肢に、複数の APFS タイプが表示されるようになります。
  5. 「APFS」を選択します。
  6. 「消去」をクリックします。

 

モデル: TBT3-NVME2TB

ご購入方法

アマゾン・ジャパンよりご購入いただけます。Plugable Thunderbolt 3 NVMe SSD ドライブ – 2TB