Windows システムでの「Thunderbolt アプリケーションは使われていません」エラーについて

原文:2019年04月09日投稿:Thunderbolt application not in use anymore error on Windows? Check your driver types and versions by Bob Boerner

概要

お使いの Windows システムで Thunderbolt 3 ドライバまたはユーティリティのバージョンが一致していないときに、Intel Thunderbolt ソフトウェア管理ユーティリティや Intel Thunderbolt コントロールセンター・ユーティリティを実行しようとすると、「アプリケーションが実行できません。この Thunderbolt アプリケーションは使用されなくなったので、安全にアンインストールできます。」というメッセージが表示されることがあります。このエラーが表示されると、そのシステムでは Thunderbolt ドライバの管理が正しくできなくなります。(この問題は、Apple 社 Mac システムでは起こりません。)

最新の Windows Thunderbolt 3 ドライバと関連ソフトウェアを調査検証している過程で、私はテスト用の Thunderbolt 3 システムを、Thunderbolt 3 周辺機器の認証と管理をするために使用する「Intel Thunderbolt ソフトウェア管理ユーティリティ」が実行できない程度にまで壊してしまう事態を引き起こしました。

ドライバ検証の最中に「何かを壊してみる」のはよく行われることですが、今回の問題を解決する方法は非常に見つけにくいものでした。同じ問題が起こってしまったユーザの方々の助けになると思いますので、この問題解決の過程で得た情報をユーザの皆様にもお知らせしたいと考えました。

このブログ記事を書いている時点での解決方法は下記の通りです。

  1. Thunderbolt 3 ホストコントローラ用ドライバと Thunderbolt 関連ソフトウェア(「Intel Thunderbolt ソフトウェア管理ユーティリティ」など)をアンインストールする
  2. 関連している「nhi」Windows サービスを削除する
  3. バージョン番号の一致したドライバとユーティリティソフトウェアを再導入する

上記手順の詳細については、このブログを読み進んでください。

 

詳細情報

DCH バージョンの Windows 用 Intel Thunderbolt コントローラ・ドライバと、それに付随した UWP Intel Thunderbolt コントロールセンター・ユーティリティは、それ以前の 非 DCH バージョン・ドライバおよび、非 UWP ユーティリティとは互換性がありません。(訳注:DCH ドライバについては Intel 社のこちらの情報を参照してください。)

Thunderbolt 3 対応の Windows システムは、2015 年末ごろから市場に登場しました。その時点で Intel 社は、「Intel Thunderbolt ホスト・コントローラ用ドライバ」だけでなく、Thunderbolt 3 機器を表示、管理し認証するための「Thunderbolt ソフトウェア(管理用ユーティリティ・ソフトウェア)」を同時に導入する、「Windows 用 Thunderbolt バス・ドライバ」を提供してきました。

このドライバとユーティリティのパッケージは、Windows システムで使用される Thunderbolt 3 周辺機器が最適なパフォーマンスを提供できるよう新しい機能やバグの修正を続け、現在まで徐々に進化してきました。

この過程で私たちのサポートエンジニアの一人が、最新の Dell XPS 13 9380 テストシステム用に Dell 社が提供した Thunderbolt 3 ドライバとそのユーティリティ・ソフトウェアが、これまで見てきたものと全く異なることに気が付きました。
それを知って非常に興味をそそられた私は、その新バージョンのドライバとユーティリティがどのようなものなのか検証するため、私の Dell XPS 13 9350(訳注:比較的古い Dell XPS モデル)にダウンロードして導入してみました。その時は何も問題なく機能したため、それについて深く考えることはありませんでした。

そして数週間前、Dell 社が私の使っている Dell XPS 13 9350 モデル用の最新 Thunderbolt 3 ドライバとユーティリティを提供開始しました。最新かつ最良のドライバが導入されている状態にするため、私はこのバージョンをダウンロードして導入してみました。そして Intel Thunderbolt ソフトウェアを起動したところ、下記のエラーメッセージが表示されたのです。

「アプリケーションは実行できません」というエラーメッセージ

「アプリケーションが実行できません。この Thunderbolt アプリケーションは使用されなくなったので、安全にアンインストールできます。」

このエラーが発生したため、私は Thunderbolt 3 ドライバとソフトウェア・ユーティリティをシステムから一旦アンインストールし、その後再導入してみました。しかしその後もこの Thunderbolt ソフトウェア起動時のエラーが表示されるのです。

このような問題はこれまで見たことがなかったので Google 検索をしてみたところ、Lenovo 社のサポートフォーラム内にどうも関連するように見える解決策(英語)が見つかりました。 -> https://forums.lenovo.com/t5/ThinkPad-T400-T500-and-newer-T/T480-DCH-Thunderbolt-driver-amp-TB3-Dock-Firmware-upgrade/td-p/4352681/

このフォーラム・スレッドには非常に多くの投稿があり、それに至る状況は様々なものの、他の人たちも私と同様の問題に遭遇した模様です。3 ページにわたる議論ののち、Lenovo 関係者が有望な解決策と思われる情報(英語)を投稿しました。-> https://forums.lenovo.com/t5/ThinkPad-T400-T500-and-newer-T/T480-DCH-Thunderbolt-driver-amp-TB3-Dock-Firmware-upgrade/m-p/4378204#M132320

この Lenovo 社担当は、Windows デバイスマネージャから Thunderbolt 3 ホストコントローラ用ドライバを完全に削除し、さらに「nhi」と呼ばれる Windows サービスを削除し、もし Intel Thunderbolt ユーティリティがまだ導入されていればそれもアンインストールしたのちに、再度ドライバとユーティリティを再導入することを勧めています。

問題が発生していた私の Dell XPS 13 9350 システムでこの手順を実行したところ、Dell 社提供の最新 Thunderbolt 3 ドライバとユーティリティを導入でき、Intel Thunderbolt ソフトウェア・ユーティリティが問題なく起動できるようになりました。詳細な手順を下記に記します。

注意1*** この作業をする前に必ず、予防措置としてシステムと重要なデータの完全なバックアップを取得し、システムの復元ポイントを作成してください。この作業の結果システムが正しく機能しなくなった場合でも、Plugable 社はデータやシステム復元をお手伝いすることはできません。もし危険を冒したくない場合は、この手順を実行しないでください。***

注意2*** 下記手順を実行するには、システムに「管理者」でログインしていなければなりません。 ***

  1. システムから、Thunderbolt 3 周辺機器を取り外す。(これによって、Windows Update が Thunderbolt 3 関連ドライバを自動導入することを防ぎます。)
  2. Windows スタートボタンを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択する。
  3. デバイスマネージャーのアプリケーションメニューバーから「表示」を選択し、「非表示のデバイスの表示」をクリックする。(Thunderbolt 3 機器が接続されていないときは Thunderbolt コントローラが非表示になるため、この手順が必要です。)
  4. 「システムデバイス」左の「>」をクリックしてリストを表示する。「Thunderbolt Controller」までスクロールダウンする。
  5. 「Thunderbolt Controller」を右クリックし、コンテキストメニューから「デバイスのアンインストール」を選択する。
  6. 「デバイスのアンインストール」パネルが表示されたら、「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します。」チェックボックスをチェックする。
  7. 「アンインストール」ボタンをクリックする。
  8. デバイスマネージャーを閉じる。
  9. Windows スタートボタンを右クリックして「検索」を選択し、「cmd」を検索する。
  10. 表示された「コマンドプロンプト」を右クリックし、コンテキストメニューから「管理者として実行」を選択する。もしパスワードが要求されたら入力する。
  11. 「Administrator:コマンドプロンプト」が表示されたら、「sc delete nhi」を入力してエンターキーを押す。画面に「SUCCESS」が表示されることを確認する。(**この通りに正しく入力するよう気を付けてください。このコマンドにより、Windows サービス内の「nhi」サービスが削除されます。)

    [Lenovo 社提供の画像]「nhi」サービスを削除したところ

  12. 「Administrator:コマンドプロンプト」を閉じる。
  13. コントロールパネル内の「プログラムと機能」を開き、もしプログラムのリスト内に Intel 社提供の Thunderbolt 関連機能があればこれをアンインストールする。
  14. 使用しているシステム用の最新の、非 DCH バージョン Intel Thunderbolt 3 ドライバおよびユーティリティをダウンロードし、導入する。(もしシステム用のドライバパッケージがない場合、下記 Intel 社のリンクで探すことができます。-> https://downloadcenter.intel.com/download/28658/Thunderbolt-Bus-Driver-for-Windows-10-for-Intel-NUC-Products
  15. システムを再起動する。
  16. システムに Thunderbolt 3 周辺機器を接続する。Intel Thunderbolt ソフトウェアユーティリティが起動し、その機器の「認証」をする指示が表示されることを確認する。

上記の作業を行った後、Thunderbolt 3 機能が使えなくなっていた私の XPS 9350 は元通りになり安心したのですが、いったい何が起こったのかはよくわかりませんでした。もし興味がある場合は、私がさらに調査した内容を下記からお読みください。

 

調査によりわかったこと

Windows の Thunderbolt 3 システムが初めて登場したときにリリースされた Intel Thunderbolt ホストコントローラドライバは、Microsoft 社の新しい DCH ドライバモデルとは異なるドライバモデルを採用していました。ドライバをダウンロードすると、そのパッケージにはドライバとソフトウェア管理用のユーティリティの両方が含まれていました。

より新しい Thunderbolt 3 システム(例えば Dell XPS 9380)用の Intel Thunderbolt ホストコントローラドライバは DCH 対応で、ソフトウェア管理用のユーティリティとは別で提供されています。このドライバは、UWP(ユニバーサル Windows プラットフォーム)バージョンの Intel Thunderbolt コントロールセンター・ユーティリティ(Microsoft ストアからダウンロード可能 -> https://www.microsoft.com/en-us/p/thunderbolt-control-center/9n6f0jv38ph1)とともに使用するようデザインされています。

この DCH バージョンドライバの使用要件は実はユーティリティのダウンロードページ、「システム要件」タブに記載されているのですが、非常に小さくて見逃しやすいものです。下記画像で赤い下線で示した部分です。

Microsoft ストアにリストされた Thunderbolt コントロールセンター・ユーティリティ

「注:Windows Redstone4(Windows 10 October Update)以降、Intel DCH Thunderbolt ドライバが導入済であること」

DCH 非互換と DCH 互換ドライバおよびユーティリティは、混在して使用することはできません。もしシステムを DCH Thunderbolt 3 ドライバに更新したのであれば、非 DCH バージョンの管理ユーティリティは機能しなくなり、上記で説明してきたエラーメッセージが表示されるか、予期しない動作をすることになるでしょう。

Thunderbolt 3 関係ドライバに限らず、DCH バージョンのソフトウェアドライバを Windows 10 システムから削除すると問題が起きることがあります。Intel 社は、Thunderbolt 3 コントローラ用ドライバに加えて、Intel グラフィックアダプタ用の DCH バージョン用ドライバを提供し始めました。Intel 社は下記の情報にて、この新しい DCH グラフィックドライバ(あるいは、DCH ドライバ全般)の潜在的な問題について説明しています。

Microsoft 社提供の DCH ドライバに関する情報は下記リンクを参照してください。

「nhi」サービスとは、「ネイティブ・ホスト・インターフェース(Native Host Interface)」サービスのことで Thunderbolt 3 コントローラドライバとともにシステムに導入されます。この「ネイティブ・ホスト・インターフェース(NHI)」はソフトウェア・プロトコルやデバイスの発見に使用され、Thunderbolt 3 ホストコントローラドライバが導入される過程でシステムに追加されます。この NHI およびハードウェア・レベルに近い Thunderbolt 3 技術については、下記リンク(英語)の情報を参照してください。

問題解決のためにロールバックしようとして DCH ドライバを通常の手順で手動アンインストールしたとしても、それはうまくいきません。この特定の問題により影響を受けたシステムを元の稼働状況に戻すには、この記事を書いている時点では上記の手順を実施する必要があります。

 

結論

Intel Thunderbolt コントローラドライバおよび付随した管理用ユーティリティで異なるドライバ規格が使用されていて、システムにそれが混在した状態になると問題が起こることがあります。もし問題発生の場合には、導入されている Thunderbolt 3 ホストコントロールドライバとユーティリティだけでなく、関連 Windows サービス(NHI)を完全に除去すれば、適切なドライバとユーティリティの組み合わせを再導入することができるようになります。

この情報が多くの Thunderbolt 3 システム及び周辺機器を使用している方々のお役に立つことを願っています。もし Plugable 社製 Thunderbolt 3 周辺機器を使用中に同様の問題が起きた場合は、どうぞお気軽に nihongo@plugable.com までメールにてお問い合わせください。技術担当者が問題解決のお手伝いをいたします。

Plugable Technologies
ボブ・ボーナー