DisplayLink and some other USB and wireless displays no longer work on macOS 10.13.4 Learn More.

Windows 10 Creators Update と Plugable 社製グラフィックス製品について

原文:2017年4月6日投稿: Windows 10 Creators Update Plugable Docking Stations and USB Video Adapters by Bob Boerner

Windows 10 の大規模アップデートが提供されることになりました。Microsoft 社は 4 月 11 日から、様々な問題修正や新しい機能を含む「Creators Update」のリリースを開始します。詳細についてはこちらの Microsoft 社のブログ記事(英語)をご参照ください。

私たちのブログ記事を定期的に読んでくださっている方々はご存知だと思いますが、Windows 10 の直近の大規模アップデートは、2016 年 8 月の「Anniversary Update」でした。関連の情報についてはこちらのブログ記事(Windows 10 Anniversary Update と Plugable 社製グラフィックス製品について)をご参照ください。

このような OS の大規模アップデートは、DisplayLink 技術をベースとした Plugable 社製の USB グラフィックス・アダプタやドッキングステーションに影響を与えることがあります。Plugable 社製品は理論上は、たとえ OS が更新されても「それまで通り稼働する」べきです。しかし実際には、OS 側に大きな更新が適用されることによる問題が生じる可能性が、常にありますし、実際過去に多くの事例があります。もしも Creators Update を適用した後に、それまでは問題なく使用していた Plugable 社グラフィックス製品に何らかの問題が発生した場合は、下記の手順が有効と考えられます。

  1. Plugable 社製 USB グラフィックス・アダプタやドッキングステーションをシステムから取り外し、最後のステップまでそのまま外しておきます。ドッキングステーションの場合は、電源アダプタも本体から外しておいてください。
  2. Windows コントロール・パネルの「プログラムと機能」画面から、「DisplayLink」と名がつくプログラムやドライバをアンインストールします。もしこの時にうまくアンインストールできなかったり、そもそも「DisplayLink」と名がつくファイルが見つからなくても気にせずに次のステップに進んでください。
  3. DisplayLink 社が提供しているクリーンアップ・プログラムをダウンロードして実行します。ダウンロードするにはここをクリックし「名前を付けて保存」してください。
  4. 一度システムを再起動します。
  5. 最新の Displaylink ドライバをこちらからダウンロードしてインストールします。
  6. 最新ドライバのインストールが完了したら、ドッキングステーションや USB グラフィックス・アダプタを接続しなおし、モニタを接続します。ドッキングステーションの電源を再接続するのを忘れないでください。

まとめますと、OS の大規模アップデートをした後にも USB グラフィックス機器はそれまで通りに稼働することがほとんどですが、何らかの問題が生じることがあります。もし Creators Update 適用後に Plugable 製品の稼働に問題があり、上記の手順によっても解決できない場合は、どうぞお気軽に弊社サポート nihongo@plugable.com までご連絡ください。問題判別のためにお手伝いさせていただきます。

Plugable Technologies
ボブ・ボーナー

Share
Reddit
Share
Tweet