Plugable USB 3.1 Type-C – VGA 変換アダプタ

機能

  • 「DisplayPort 代替モード」をサポートする USB Type-C ポートを持つシステムに、低価格な方法で VGA モニタを接続できます。
  • Windows、Mac、Linux システムで使用できます。
  • 最高解像度は 1920×1200@60Hz です。
  • このアダプタは完全にプラグ&プレイです。これ専用のドライバを導入する必要はなく、USB ポートから給電されるため電源も必要としません。(ただし、ホスト・システム側で、代替モードに対応したグラフィックスおよび USB ホストコントローラ用のドライバが正しく稼働していることが必要です。)
  • VESA 規格の「USB Type-C コネクタによる DisplayPort 代替モード(DisplayPort Alternate Mode on USB Type-C Connector)」に準拠しています。

製品情報

この Plugable USB 3.1 Type-C – VGA 変換アダプタを使用すると、「DisplayPort 代替モード」に対応した USB Type-C(USB-C)ポート付のシステムに、1920×1200 解像度までの VGA モニタを接続できるようになります。該当するコンピュータは、Apple 12″ Retina MacBook 2015/2016 や Chromebook Pixel 2015、そして今後登場すると考えられる Intel Skylake/Alpine Ridge プラットフォームの、新しい PC システムです。

「USB Type-C 代替モード」に対応したアダプタやケーブルは、そのモードに対応しているシステムにおいて、簡単かつ低価格に追加の持外部モニタを接続する手段となります。
また「DisplayPort 代替モード」は、USB 3.1 より使用可能となった特別な機能によってシステムの GPU に直接アクセスするため、これまで懸案となっていた「USB 外部グラフィックス・アダプタを使用する際のパフォーマンス上の問題」が生じません。このような「代替モード」アダプタを使用して接続した外部モニタは、システムのマザー・ボード付属のグラフィックス・ポートに直接接続したモニタとまったく同じ様なパフォーマンスを提供でき、また機能します。

互換性

現在(2016年7月)販売中の USB 3.1 対応、または USB Type-C ポート付の Android タブレットやスマートフォンのほとんどは、「代替モード」によるビデオ出力機能に対応していません。

また、MacBook Pro 2017 および iMac 2017 では使用できないことがわかっています。 もし 2017 年版 Mac システムの USB Type-C ポート経由で VGA モニタを接続したい場合は、「Plugable USB Type-C(USB-C)- VGA ケーブル(USBC-VGA-CABLE)」をご検討ください。

システムごとの互換性についての詳細は下記の互換性表をご参照ください。

よくある質問

Q: 私の Chrombook Pixel にこのアダプタを差し込んでも、ビデオ出力ができないことがあります。これはどうしてですか? また、解決方法はありますか?
A: 現在、いくつかの USB-C 機器は、Pixel 接続時に常に正しく機能しないことがあります。実は Google 社が提供している DisplayPort や HDMI アダプタなどでも同じです。この原因は、Pixel が装備している 「(上下)切り替え用」 USB 3.1 チップの、ファームウェアの問題だと考えられています。(すなわち Pixel 本体側の問題だと考えられます。)
したがって、現時点で採れる最良の方法は、USB Type-C コネクタを一度ひっくり返して、もう一度差し込んでみる、というものです。USB Type-C コネクタには上下がありませんので、ひっくり返すことができます。

パッケージの中身

Plugable USB 3.1 Type-C – VGA 変換アダプタ (ケーブル長 14 cm、全長 16.5cm )

モデル: USBC-VGA

ご購入方法
アマゾン・ジャパンよりご購入いただけます。  Plugable USB 3.1 Type-C – VGA 変換アダプタ